静電気にっき

お金・美容・教育・健康

【東大生が教える】受験生におすすめの手帳活用法

受験生にとっては勝負の夏ですね。
この夏、どれだけ自習できるかが合格の決め手になります。

でも、自由に使える時間が多いと
ついダレてしまったりしますよね。

この記事では、東大に現役合格した私が

  • おすすめの手帳
  • 手帳活用法

を解説しています。

これを読めばこの夏の勉強がうまくいくこと間違いなし!

おすすめの手帳はこれ!


NOLTY スコラの手帳を私は使っていました。

これじゃなくてもいいですが、

タイプの手帳がおすすめです。

(現在はcampusのウィークリー・バーティカルの手帳を愛用しています。これは売っているところが少ない。)

いずれにせよ、今手帳を持っていない受験生は
「今すぐ」手帳を買ってください。

「4月始まりだから今買うともったいない」
と思うかもしれませんが、手帳を買わずに勉強が進まない方がもったいないです。

使い方

左側に勉強計画を書く

縦に一本線を引き、左側に「今日やる勉強の予定」を書きます。

この時、あまり詰め込みすぎず
休憩時間も盛り込むのがポイント!

予定通りに行かない→やる気をなくす
のを防ぐためです。

余裕を持って予定を立てましょう。

この作業は前日の夜か、当日朝にします。

右側に実際の勉強したことを書く

線を引いた右側に、その都度勉強したことと勉強した時間(分)を書き込みます。

色ペンを使って色分けすると後で集計するときに楽です。

余談ですが、東大生は字が汚い奴が多いです。
私も例に漏れず字が汚い。ごめんな。

1日の振り返りをする

1日の終わりには、下の空欄を使って勉強時間を合算して記入しましょう。

予定と実際の勉強時間の差がどこで生まれているのか?を
きちんと振り返ることが大切です。

そして、一言日記のように

  • その日の反省点
  • どうしたら改善できるか

を書いておきます。

「思ったほど勉強できなかった…」と思っても
手帳の記入を続けることが大切です!

手帳を使って勉強時間を管理しよう

まとめると、

  • 左側に予定を書く
  • 右側に実績を書く
  • 下の欄で振り返り

となります。

手帳を制するものは自習を制する!
手帳を有効活用して受験を乗り越えましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。