静電気にっき

お金・美容・教育・健康

PMS/PMDDが抗うつ薬で改善しました

バチット
バチット

生理前になると
イライラ…
落ち込み…

生理前の心身の不調、辛いですよね。

私の場合、死にたい気持ちが出ることもあります。

この記事では、生理前の心身の不調で悩まされていた私が、
抗うつ薬で症状が現れなくなった体験を書いています。

PMS/PMDDでお困りの方の参考になれば幸いです。

PMS/PMDD抗うつ薬という選択肢

PMDDの治療には抗うつ薬が一番有効性が高いとされています。

PMDDの治療薬として一番有効性が高いと言われているものは、
SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる薬剤による治療です。

(省略)

上記のSSRIで効果があまり見られない場合や、副作用で服用を続けることが困難な場合は他の抗うつ薬SNRIセロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬や三環系抗うつ薬)、ベンゾジアゼピン抗不安薬、低用量ピルなどの薬剤も効果がみられることがあります。

つきじ心のクリニック

私はうつ病の治療で服用している「トリンテリックス」という抗うつ薬
PMDDの症状が出なくなりました。

生理前でもいつも通りで超快適です。

今までは不調が来ると「もうすぐ生理かな」と心構えができたのですが、
今はいきなり生理がくるので準備ができていなかったりします。笑

精神の薬は怖い?

抗うつ薬、と言われると怖いと感じますよね。

でも、心の症状が辛いなら飲む価値があります。

私は抗うつ薬を続けてきて、

といったPMDDがウソのように良くなりました。

副作用は?

SSRIの主な副作用は、服用開始後数日間の悪心と、めまい、頭痛などがあります。

つきじ心のクリニック

服用開始後、嘔吐や吐き気がありました。

嘔吐は1回だけでしたが、吐き気は2ヶ月ほどありました。
2ヶ月間ずっと気持ち悪いのではなく、飲んだ後1,2時間もすれば治ります。

私は薬の副作用が特に出やすい体質だと言われました。
なので、「ひどくてもこのくらい」と考えられるかもしれません。
人によって体質が違うのでなんとも言えませんが…

副作用が出やすいかどうかは飲んでみないとわかりません。

PMS/PMDDが辛いなら病院へ

PMSPMDDの症状が辛いなら、クリニックに行きましょう!

私の場合、うつ病があるので精神科で治療してもらっています。
心の症状が中心なら精神科の方がいいと思います。

でも、「精神科は気持ち的に行きづらい」「地理的に遠くて通えない」ということであれば
婦人科に行きましょう!

とにかく、受診することが大切です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。