静電気にっき

お金・美容・教育・健康

【長持ち】庭師に聞いたお墓に供える植物オススメ3選

墓花がすぐしおれちゃう…
オススメが知りたい!

この夏の時期、お墓の植物がすぐしおれてしまいますよね。

この記事では、実際に庭師のおっちゃんに話を聞いた筆者が

  • 墓におすすめの植物3選
  • それぞれのメリット、デメリット

を書いています。

この記事を読めば、あなたのお家の墓花はいつまでもシャッキリ!

オススメの植物

オススメの植物は、

この3つ!

リューカデンドロン

メリット

南アフリカ原産で、とても水もちがいいです。
1ヶ月以上持ちますね。

色づいた葉っぱがキレイです。

デメリット

デメリットは、

  • 価格が高い
  • 植えるとグネッと育ってしまい、真っ直ぐ育てるのが難しい

ということです。

リューカデンドロンは、ほとんどがオーストラリアからの輸入品です。
よくホームセンターなどで売っていますが、他の墓花と比べても明らかに値段が高い!

価格が高いので、庭に植えて自給自足しようと考えたのですが、

庭師
庭師

リューカデンドロは、真っ直ぐ育てにくい。
すぐ曲がってしまい、切り花には適さない!

とのこと。

そういう事情があって、高いのかもしれませんね。
墓花用に真っ直ぐ育てるのは難しいということです。

コウヤマキ

https://ja.wikipedia.org/wiki/コウヤマキ

メリット

庭師曰く、「水もちが良い」とのこと。
確かに、お墓でよく見かけます。

デメリット

デメリットは、

  • 売っているのをあまり見かけない
  • 庭木の価格が高い

ということ。

庭木としてホームセンターで見かけることはあまりありません。
あっても、盆栽仕立てになっていて値段が高かったりします。

庭師
庭師

見かけたら買っておくように

とのこと。

あなたの近くのホームセンターで見かけたら、買いですよ!

チョウセンマキ

https://www.uekipedia.jp/常緑針葉樹/チョウセンマキ/

メリット

コウヤマキ同様、「水もちが良い」とのことです。

また、コウヤマキより手に入りやすい様子。
我が家にも植えてあります。

デメリット

デメリットは、

  • 墓花としてはあまり見かけない
  • コウヤマキの方が墓花らしい

ということ。

お墓でコウヤマキは見かけても、チョウセンマキは見かけませんね。
何かいわれがあるのかもしれません。

まとめ

水もちの良い墓花としてオススメなのは、

です!特に、庭に植えて自給自足するなら

がオススメ。

近くのホームセンターで見つけたら【買い】です!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。